tablet

tablet

店舗の管理が楽になる!タブレットレジの活用方法

POSレジの活用術

店員

複数店舗の管理にぴったり

お店を複数経営したいというときは、管理がとても大変になります。タブレットのPOSレジには、スムーズにお店の管理ができるように便利な機能が多数搭載されています。店舗ごとの顧客情報を管理できる機能や、メニューの追加・変更などが簡単にできる機能などいろいろな作業の手間を省いてくれるので便利です。

業績をグラフ化して確認

タブレットのPOSレジには、Zチャートという機能が付いています。Zチャートは、売り上げデータをグラフにまとめたものです。グラフにして見ることで、数値では分からない売り上げの変動をしっかり目で確認することができます。過去1年間の売り上げデータをグラフ化していくので、季節ごとの業績をきちんと把握できます。

イレギュラーなオーダーにも対応

飲食店だと、食材の変更や大量のオーダーなど何かとイレギュラーな対応が要求されることが多いです。タブレットのPOSレジには、そのようなイレギュラーな状況にもすぐ対応できる機能が満載です。サブメニューに事前にアレルギーなどを登録しておくことで食材変更も簡単に行なえたり、大量のオーダーも優先順位をつけながら調理できる機能を搭載しています。

顧客データを管理できる

タブレットのPOSレジは、顧客の男女比や年齢層、注文したメニューに至るまで様々な情報を管理することができます。このような情報を管理することで、どのようなお客さんが良く来店するのか、どのようなメニューが特に注文されているのかなどを知ることができ、店舗経営の向上に向けて戦略を練ることができます。

タブレットPOSレジのオーダーの取り方

テーブル番号を選択する

お客さんのオーダーを取るときは、まずテーブル一覧という画面を開き、一つ一つの客席ごとに割り振られているテーブル番号を確認して、オーダーを取る客席の番号をタップします。

新規を選択

オーダーを取るお客さんのテーブル番号をタップしたら、次に「新規」「テーブルブロック」「キャンセル」の三つの選択肢が表示されますので、その中から「新規」を選択します。

オーダーを取る

新規を選択したら、オーダーを取ることができるようになります。お客さんの注文を伺って、その商品を選択し、必要な個数を入力していきましょう。

確定ボタンをタップ

お客さんの注文を聞いて、全て個数を入力し終えたら、確定ボタンをタップします。確定ボタンをタップすることで、オーダーは完了になります。

注文情報を確認

お客さんのオーダーが完了したら、確認画面で注文情報をチェックします。タブレットで入力した注文情報は、レジ本体に導入されているお会計アプリと連携しているので、お会計の際に入力する手間が省けます。

広告募集中